事故車 買取 ハイエース

ハイエースの事故車の買取が高値で行われる理由

事故車専門の買取店をご存じですか?」大きな傷・動かない・フレーム修正など。。。どんな事故車でもタウなら買取できますよ事故車買取の<タウ>公式サイト

ハイエース

 

トヨタ・ハイエースは貨物搬送や複数の人の搬送を目的として生産されるバン系ワンボックス車で、主にビジネスカーとして利用されています。

 

大型タクシーや送迎車、運送、貨物搬送等に使われます。

 

現行のハイエースH200系は5代目モデルとして2004年にフルモデルチェンジしており、ボディーの大型化が図られ、シャープなデザインとして一新しました。

 

ハイエースはモデルチェンジの周期が長いロングランモデルであり、元々人気が高かったのですが、5代目モデルから爆発的な人気となり、盗難被害ナンバーワンともなりました。

 

ハイエースはエンジンや足回り、コンポーネントに乗用車以上の丈夫さを持たせ、長距離走行への耐久性を高めていることから、メンテナンス次第で50万キロ走行も可能と言われており、実際に海外市場に輸出されるハイエースは、50万キロ超過の車両も多いです。

 

問題となるのは、経年劣化による消耗品や部品交換ですが、前にも説明した通り、ロングランモデルで市場に出ている台数が多いことから、中古部品が多く存在し、事故車などの買取後に取り外された部品がリビルド市場で販売されるため、ハイエースの部品は豊富に存在します。

 

しかも、共通部品として使用されている多いため海外中古市場での流通も安心感がもたれています。市場に投入される台数が多いということから、事故車も多く、事故車のほとんどが部品取り用として買取が行われています。

 

前方が破損している車は、足回り部品、インテリア部品ガラス、ドア、テールランプなど、リアの破損があるクルマはヘッドライトやフロントガラスなども部品取りの対象となり、エンジンや走行系の破損や故障が見られない場合、修繕にて販売されるケースも少なくありません。

 

その際にはすべてリビルド部品で修繕されます。

 

とくに海外市場では、中古部品は貴重なため、事故車と言えどもハイエースは高く流通します。ハイエースの耐久性が高いことが消費者の信頼となり、市場投入台数が多いことがリビルド市場も支えているため、事故車と言えども貴重な部品資源となっているのです。